長女が生まれた際に、両親より雛人形を購入してもらいました。初めての女の子でしたので、両親も喜び大きな7段飾りの人形を購入してくれました。価格にしたら数十万円して非常に高価なものでした。一戸建ての住宅に住んでいたために少し大きくてもそれほど邪魔にはならなかったのですが、今となっては毎年3月前になると7段の台を組み立てて、人形を出して飾りを装着させて飾るのが少し手間に感じるようになってきて、すぐに片づけるために忙しく感じます。今は2段や3段などでガラスケースに入ったものが主流で、価格も手ごろで片づけ安くて魅力的です。長女はもうすぐ小学生で買い替えなどを考えていますが、数十万円した雛人形がもったいなく、リサイクルショップなどに相談をしたのですが、人形は買取は出来ないと言われて、正直困っています。このまま孫の代まで大切に保管して再利用などを検討しています。

雛人形を購入するために大切なこと

現在女の子が誕生し初節句を祝うために、雛人形を購入する人たちが非常に多い印象がありますが、自宅の広さにより購入する商品が限定されてしまう可能性があるため、雛人形を購入するときは自宅の広さをしっかりと考え購入することが大切です。現在祖父母にあたる人たちが購入する家庭が非常に多い印象がありますが、家庭の事情や複雑な事情により、我が子のために自分たちで購入しなければいけない可能性があるため、我が子を出産後どれぐらいの規模の商品を購入するかを、事前にパートナーと話し合いをしておく必要があります。いざ我が子のために雛人形を購入しなければいけなくなったとき、どのような種類の物を購入するかを非常に悩んでしまうため、経済的なことを考えこぢんまりとした種類のものを購入するか、毎年桃の節句を祝うために七段の人形を購入するかをしっかりと考え購入することが重要です。

段飾りの雛人形が今の住居にあってない

都市部などの住居スペースではなかなか段飾りの雛人形を飾るスペースを確保できる人は少ないでしょう。実家や田舎の一軒家でしたらスペースを確保できますが、都会のマンションなどの暮らしでは難しいのが現状です。三月三日の桃の節句に雛人形を飾る習慣はまだ残っていますが、そんな都会生活をするファミリーのために、ちょっとしたスペースでも飾れるものの需要が高まっています。これはこの住居スペースの変化に伴っての変化です。日本人はもともと大家族で暮らしていましたが、そのライフスタイルも変化し、雛人形の飾り方や種類にも変化を与えてきました。従来の段飾りのような豪華さはありませんが、狭いスペースでも桃の節句をお祝いできるような様々な工夫をこらしたものがあります。自分の住居スペースにあった新しいものを手にいれましょう。

心から大事な友人や家族へのの大切な贈り物として品質が高く伝統のある当真多呂人形を贈ってみてはいかがでしょうか?。 主力商品・サービスは木目込み人形で、確かな品質の木目込み人形を適正な価格で販売しているサービスです。 260年の伝統技法を継ぐ真多呂人形は、品の良い顔立ちで人気が高く、雛人形、五月人形として半世紀保証のネット販売で遠方の方でもご購入できます。 【真多呂人形】木目込み人形の雛人形を販売中