様々なオプションのある祝電

最近はあまり使われなくなった電報ですが、実は結婚式や入学式などのお祝いではまだまだ電報は使われています。祝電は、いまはインターネットでも注文できます。お値段は、会社によってかなり違うので、比べてみるとよいでしょう。また、文字を送るだけでなく、台紙もいろいろ選べます。かわいらしいものから、かっこいいものまでたくさんあるので、好きなものを選べます。さらに、台紙だけでなく花を添えることができたり、その他のプレゼントを添えるオプションもあります。自分のお祝いの気持ちをよりわかりやすく伝えられるようになっているので、利用してみるとよいでしょう。祝電の内容は、自分で考えるのが大変な場合は、文例集もインターネットで見られますので、それを少し手直しして使うと気軽に送ることができます。祝電は喜ばれるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

保管場所に困らない祝電

最近の祝電は、とにかく種類が豊富です。ぬいぐるみや花が付属したタイプも多いです。しかしいざ送るとなると、相手の趣味や好みに合うかどうか、悩むところです。特に結婚祝いの場合、保管に場所を取ってしまうかもしれないという問題があります。後で付属品を飾ろうにも、新居に合わないという例もあります。そんな時は、場所を取らないシンプルな電報を選ぶのがおすすめです。結婚祝いの電報は受け取った後、記念にしばらく保管する人が多いです。シンプルタイプの場合は、付属品がないので保管に困りません。ただし額縁付きなどの凝った台紙だと、多少場所を取ります。凝った台紙のものを送る時は、台紙が容易に外せる仕様だとより良いでしょう。保管することを考慮してシンプルな電報を送るなら、デザインや文の内容にお祝いの気持ちを込めれば、相手に伝わります。

祝電で祝う気持ちを伝えよう

親しい友人の結婚式なら、出来る限り都合を合わせて出席したいところですが、どうしても外せない用があって出席できない場合もあります。そのような時には、祝電を送ってありったけのおめでとうを届けましょう。最近では携帯電話やスマートフォンでメール、LINEを使ってリアルタイムでメッセージを送れますが、それでは味気がありませんし、簡単に済ませてる感がありますから、お勧めできません。最近の電報は綺麗な台紙が付いていたり、ぬいぐるみやブリザーブドフラワー、本漆のボックスが付いている豪華なものが多数ありますから、そういった物を贈ることで真剣に選んだのだということや今までの感謝の気持ち、結婚を心から祝っているということを伝えましょう。例え式に出席できなくても遠くから、陰ながら結婚を祝福している気持ちは必ず届くはずです。