祝電の利用方法を学びましょう。

祝電といえば、入卒式や結婚式といった式典に読まれる手紙のことです。入卒式や結婚式は、新たな門出を祝う大事な式典です。結婚式をあげる際には、親戚や友達に対し招待状を送ります。招待状には出席の有無を書くスペースがあるため、招待状が届いたら、記入して送ります。期限があるため、期限を守って期限前に送りましょう。招待され出席できる場合は、決行日時を守って出席しましょう。遅れると、途中から出席することになり、相手を不快にさせてしまいます。招待され出席できない場合も、相手に不快なおもいをさせないように、祝電を書いて、送ると相手も喜ぶでしょう。必要事項は、名前、出席できなかった理由、お祝いの言葉といった3つです。中には、掲示する場合もあるでしょう。そういった場合も考慮し、字は丁寧に書き、結婚式に相応しい華やかな手紙用紙を使うと良いでしょう。

友人の結婚式に祝電を贈りました

今年の3月、友人が結婚しました。結婚式に出席したかったのですが、遠方で暮らしていますし、春は仕事が忙しくてどうしても休むことができなかったので、残念ながら出席することができませんでした。そこで、お祝いの気持ちを届けるために祝電を贈ることにしました。事前にインターネットで調べてみると、たくさんのデザインが用意されているので、友人の好みに合わせて選ぶことができました。バルーンタイプやぬいぐるみタイプなど、種類も豊富に揃っていたので、その中からバルーンの電報を贈ることに決めました。友人は学生のころからバルーンが大好きだったので、結婚式当日にバルーンを見てより幸せな気持ちになってほしいと思ったので選びました。友人はとても気に入ってくれたようで、後日電話をくれました。華やかで夢のあるバルーンは、結婚式の場にもぴったり合ったとうれしそうに教えてくれました。

祝電の打ち方を把握しておこう

結婚式や何らかのイベントなどに、お祝いの言葉を贈りたいという時、祝電が役に立ちます。その会に出席できない時には、祝電を打つことによってお祝いの気持ちを手軽に伝えることができて便利です。そんな時のためにも、打ち方を把握しておくことをお勧めします。専用ダイヤルに電話をかけて、オペレーターの話に合わせて台紙や内容を選択していくことになります。文章が浮かばないという場合には、定型文を利用すると簡単です。オペレーターに相談すれば、いろいろと提案してくれるはずです。スムーズに打てるようにするには、あらかじめ料金や台紙のデザインなどを決めておくといいかもしれません。一度でも打ったことがあれば流れを把握することができるため、次回からスムーズに打てるようになります。最近は、ぬいぐるみを付けた祝電なども流行っているため、様々な用途に応じていろいろ選べるようになっています。